2021.04.06

NEWS

AnyWhereが、場所を可視化するワークプレイス向けIoTパッケージを提供開始

〜 自治体公民館、ホテルラウンジ、レストランなど、どこでもワークプレイスになる時代に 〜

コロナ禍に欠かせない「人の出入り」や「空気の状態」などを可視化し自動で調整、運営効率化と環境改善を同時に実現

人でつながるワークプレイスプラットフォーム『TeamPlace』を運営する、株式会社AnyWhere(本社:東京都武蔵野市、代表取締役CEO:斉藤晴久、以下、AnyWhere)は、ワークプレイス向けIoTパッケージの提供を開始しました。
ワークプレイス運営に必要なプロダクトを選定しパッケージ化した本サービスを導入いただくことで、運営業務にかかる工数とコストの削減や、空いた場所を簡単にワークプレイスにすることが可能となります。

■IoTパッケージ提供の背景と価値
2010年以降国内のワークプレイス数は増加し続けています。また、新型コロナウィルスによる影響でリモートワークが推進され、企業がコスト削減から勤務場所をオフィスからコワーキングスペースに切り替えるなどの傾向等も強まっており、市場はさらに拡大しています。

ワークプレイスの運営業務は多岐に渡るためオペーレション負荷が大きい上、新型コロナウィルス対策などでその業務はさらに増えており、「場所を通して人のつながりをつくる」といったスペースが持つ大きな価値へ運営者がフォーカスすることが十分にできていないという課題がありました。しかし、オペーレション業務にはシステムに任せられるものも多くあります。

当社の強味を活かしワークプレイス向けに必要なものを選定した本IoTパッケージを導入頂ければ、仕組みに任せられる業務の自動化が進み、業務の大幅な工数とコスト削減が可能になります。運営者はその分のリソースを、「人と人をつなぐこと」や「イベントや起業サポート」などといった、ワークプレイスを利用する人のつながりを構築するための時間に割くことができます。

また、本パッケージの導入で、どんな場所でも迅速簡単にワークプレイスとして使用するための環境を整えることが可能です。自治体の公民館、コロナ禍で在宅勤務が進み余ったオフィススペースなどの空間、レストランの空き時間、リテールの空きスペース、キャンプ場など、様々な場所がワークプレイスになるため、遊休資産の活用、自治体の空き家対応などいった、社会課題の解決に大きく寄与する可能性を秘めています。

■IoTパッケージの内容
■AnyWhereのスペースコンサルティングサービス
AnyWhereはオーナーの想いを可視化し、コンセプト作りから設計、集客、オペレーションまでトータルサポートします。今回のIoTパッケージの提供により、空間の運営をより強力にサポートするソリューションをご案内できるようになりました。元来人が行っていたことの多くは、テクノロジーに任せられることが多くなってきています
。各種データを可視化することで、適切なタイミングでのオペレーション効率化、コミュニケーションなど人にしかできないことに時間を持つことができるようになります。

AnyWhere – スペースコンサルティング
https://anywhere.co.jp/space-consulting

下記プロダクトがご提案可能です。内容は順次拡充予定です。

  • 「Density」:カメラを使わず、人の出入りをカウントするデバイス。人の出入りををリアルタイムで見える化するので、訪問者へのタイムリーな混雑情報の提供も可能になります。
    • Webサイト: https://density.io/
  • 「AWAIR」: 空気の状態を可視化するデバイス。空気の状態を把握し、換気の調整まで自動化します。
    • Webサイト: https://www.getawair.com/
  • 「GecKo」: 鍵や電源の自動管理など、スペースの運営に必要な機能が集約されています。
    • Webサイト: https://goldkey.co.jp/gecko/

■代表取締役 斉藤 晴久のコメント
よいプロダクトは世の中に溢れています。それをワークプレイス運営のためにどう選んでどう組み合わせるかが重要であり、しかし難しいポイントです。本パッケージでは、私のこれまでのシステム会社やリノベーション会社での経験、海外とのつながり、『TeamPlace』の運営知見など当社の強味を最大限活用し、プロダクトを選定しています。ユーザーにとって「いいものを場所に提案できる」というのは、日本にはこれまでなかった価値であると考えています。
世界中の良いものを空間につなぎ、その運営者にこのパッケージを入れておけば大丈夫と思っていただけることを目指し、今後もパッケージの改善を行っていきます。

■TeamPlaceとは
「人でつながる」ワークプレイスプラットフォームです。ワークプレイスの空間や関わる人を可視化し、人のつながりや新しいコラボレーションを生むきっかけを提供します。

「人でつながる」ワークプレイスプラットフォーム 『TeamPlace』3つの特徴

  • Search:自分の価値観やニーズに応じて、働きたい場所やつながりたいユーザーを探せます
  • Connect:気になるワークプレイスやユーザーにつながることができます
  • Collaboration:そのつながりがユーザーにとってのTeamとなり、新しいコラボレーションが生まれるきっかけになります
  • Webサイト: https://team-place.com/

■株式会社AnyWhereについて
株式会社AnyWhereは、「世界中の誰もが、どこでも豊かに働き生きられる社会へ」のビジョンをかかげ、人でつながるワークプレイスプラットフォーム『TeamPlace』を運営しています。また、法人の新規事業支援やシステム開発、スペースに関連するIT・システムコンサルティング事業を展開しております。

■株式会社AnyWhere 会社概要
設立: 2020年1月7日
代表者: 代表取締役 斉藤 晴久
本社所在地: 東京都武蔵野市
URL: https://anywhere.co.jp(コーポレートサイト)
https://team-place.com(TeamPlaceサービスサイト)

■本リリースに関するご質問、取材申込み等のお問い合わせ先/パートナー募集
会社名: 株式会社AnyWhere
事業内容: 人でつながるワークプレイスプラットフォーム『TeamPlace』の運営、法人コンサルティング、スペースに関連するIT・システム開発
担当: 斉藤、吉田
メールアドレス: hello@anywhere.co.jp
会社URL: https://anywhere.co.jp/
■当社に関するご意見・お問い合わせ先

こちらのフォームより、お気軽にお問い合わせください。https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfI-wTabJ-
QhP2KThoWwTGYXSMMYaInoyvVLw-EXCvGuqCmvw/viewform